您的足迹:首页 > 文章分享 >漢文の語法

漢文の語法

●ポイント
反語⇒「ん」(例外:盍「なんぞ~ざる」)
何上状(態)、何下手(段)
於是⇒ここニおイテ・そこで
是以⇒ここヲもっテ・だから
以是⇒これヲもっテ・これによって
詩は押韻
而シテ⇒しこうシテ・そして
肯定文の能⇒「よく」
与⇒くみス・あたフ・あづかル・ト
対句
何トナレバ⇒なぜならば

●語句
玄:暗い
穿:穴を開ける
口:言葉
雉:きじ
馭:制御する
通弊:悪いこと
匹夫:つまらない男
慮:考える
如:匹敵する

●英語で言い換え
孰=who/which
なんすれぞ=なんぞ=いづくんぞ=あに=why

●読みにくかった句形
以A為B⇒AをもってBとなす・AをBと思う
不亦~乎⇒また~ずや・なんと~ではないか
無A不B⇒AとしてBせざるは無し・どんなAでもBしないものはない

●注意すべき語法
置き字 × 順接や逆説の意を表す。
於(于・乎) × 場所・対象・時間・目的・起点・比較・受身の意を表す。
焉・矣 × 断定や強調などの意を表す。
× 文のリズムを整える。
再読文字 いまダ~ず まだ~でない
且・将 まさニ~[セント]す 今にも~しようとする
~するつもりだ
まさニ~ベシ 当然~すべきだ
まさニ~ベシ きっと~だろう
よろシク~ベシ ~するのがよい
~するのが適当である
すべかラク~ベシ ぜひ~する必要がある
由・猶 なホ~ごとシ ちょうど~と同じだ
あたかも~のようだ
なんゾ~ざル どうして~しないのか、~したらよい
●否定形
単純否定 不(弗) ~[セ]ず ~しない。
~でない。
非(匪) ~ニあらズ ~ではない。
無(莫・勿・毋・亡) ~[スルコト]なシ ~してはいけない。
不可 ~[ス]ベカラず ~してはいけない。
~できない。
不能 ~[スルコト]あたハず ~できない。
不得 ~[スル]ヲえず ~できない。
二重否定 無不 ~[セ]ざル[ハ]なシ ~しないものはない。
無非 ~ニあらザル[ハ]なシ ~でないものはない。
非不 ~なキニあらズ ~がないわけではない。
無A不B AトシテB[セ]ざルハなシ どんなAでもBしないものはない。
無A無B AトシテBなキハなシ どんなAでもBのないものはない。
不敢不 あヘテ~[セ]ずンバアラず どうしても~しないではいられない。
未嘗不 いまダかツテ~[セ]ずンバアラず これまでに~しなかったことはない。
不必不 かならズシモ~[セ]ずンバアラず 必ずしも~しないとは限らない。
不可不 ~[セ]ざルベカラず ~しなければならない。
不得不 ~[セ]ざルヲえず ~しないわけにはいかない。
不能不 ~[セ]ざルあたハず ~せずにはいられない。
不為不 ~[セ]ずトなサず ~しないとはいえない。
部分否定 不常 つねニハ~[セ]ず いつも~するとは限らない。
不倶 ともニハ~[セ]ず 両方ともには~しない。
不甚 はだはダシクハ~[セ]ず それほどには~しない。
不必 かならズシモ~[セ]ず 必ずしも~するとは限らない。
不復 まタ~[セ]ず 決して~しない。
二度とは~しない。
全部否定 常不 つねニ~[セ]ず いつも~しない。
倶不 ともニ~[セ]ず 両方とも~しない。
甚不 はだはダシク~[セ]ず たいそう~しない。
必不 かならズ~[セ]ず 必ず~しない。
復不 まタ~[セ]ず 今度もまた~しない。
特殊な形 不敢 あヘテ~[セ]ず 決して~しない。
敢不~[乎] あヘテ~[セ]ざラン[ヤ] どうして~ないだろうか、きっと~する。
●使役形
A使(令・教・遣)BCD AハBヲシテDヲC[セ]しム AはBにDをCさせる。
命AB AニめいジテB[セ]シム Aに命令してBさせる。
召AB AヲめシテB[セ]シム Aを呼び寄せてBさせる。
説AB AヲとキテB[セ]シム Aを説得してBさせる。
●仮定形
如(若)~ もシ~バ もし~ならば
苟~ いやしクモ~バ もし~ならば
縦~ たとヒ~トモ たとえ~としても
雖~ ~トいへドモ たとえ~としても
使(令)AB AヲシテBしメバ もしAがBであるならば
今~ いま~バ 仮に~ならば
今もし~ならば
不A不B A[セ]ずンバ(ざレバ)B[セ]ず AしなければBしない。
無A不B Aなクンバ(ざレバ)B[セ]ず AがなければBしない。
非A不B Aニあらズンバ(あらザレバ)B[セ]ず AでなければBしない。
A則B AレバすなはちB AならばBである。
●限定形・累加形
限定形
[副詞]
唯(惟・但・只)~ たダ~ノミ ただ~だけだ。
独~ ひとり~ノミ ただ~だけだ。
限定形
[助字]
~巳。 ~のみ ~だけだ。
限定形
[副詞+助字]
唯~巳。 たダ~のみ ただ~だけだ。
累加形 不唯~ たダニ~ノミナラず ただ~だけではない。
非独~ ひとり~ノミニあらズ ただ~だけではない。
何独~ なんゾひとり~ノミナランヤ どうしてただ~だけだろうか、~だけではない。
豈徒~ あニたダニ~ノミナランヤ どうしてただ~だけだろうか、~だけではない。
●比較形
A~於(于・乎)B AハBヨリモ~ AはBよりも~だ。
B不如(若)A BハAニしカズ BはAに及ばない。
BよりAがよい。
莫如(若)A Aニしクハなシ Aに及ぶものはない。
莫~於A Aヨリ~[ナル]ハなシ Aより~なものはない。
莫~焉 こレヨリ~[ナル]ハなシ これより~なものはない。
○比況形
如(若)~ ~ごとシ ~のようだ
猶(由)~ なホ~ごとシ ちょうど~と同じだ。
あたかも~のようだ。
●選択形
寧A、無B むしロA[スト]モ、B[スルコト]なカレ いっそAしても、Bするな。
与其B、寧A そのB[セ]ンよリハ、むしロA[セヨ] Bするよりは、Aする方がよい。
与其B、不如A そのB[セ]ンよリハ、A[セ]ンニしカず Bするよりは、Aする方がよい。
B孰-与(孰-若)A BハAニいづレゾ BとAではどちらがよいか。
●抑揚形
AB。況C乎。 AハB。いはンヤCヲや。 AはBだ。ましてCはなおさら(B)だ。
A且B。況C乎。 AスラかツB。いはンヤCヲや。 AでさえもBだ。ましてCはなおさら(B)だ。
A且B。安C乎。 AスラかツB。いづクンゾCセンや。 AでさえもBだ。ましてどうしてCしようか。いやしない。
A猶(尚)B。況C乎。 AスラなホB。いはンヤCヲや。 AでさえもBだ。ましてCはなおさら(B)だ。
A且猶B。況C乎。 AスラかつなホB。いはンヤCヲや。 AでさえもBだ。ましてCはなおさら(B)だ。
以A且B。~ AヲもッテスラかつB。~ AでさえもBだ。~
※「況」以下が言外に隠れた形。
●疑問形
疑問詞+
文末の助字
何(胡・奚・曷)~也(乎・哉) なんゾ~や どうして~か。
疑問詞のみ 何(奚)~ なにヲ[カ]~[スル] なにを~か。
誰(孰)~ たれカ~[スル] だれが~か。~するのはだれか。
何(胡・奚・曷)~ なんゾ~[スル] どうして~か。
安(悪・焉・寧)~ いづクンゾ~[スル] どうして~か。
安(何・悪・焉)~ いづクニ[カ]~[スル] どこに~か。
孰(奚)~ いづレカ~[スル] どちらが~か。
何―~ なんノ―カ~[スル] どんな―が~か。
何―~ いづレノ―カ~[スル] どの―が~か。
文末に不・未 ~不(否) ~ヤいなヤ ~か、どうか。
~未 ~ヤいまダシヤ ~であるか、まだだろうか。
助字のみ ~乎(邪・耶・哉・也・与・歟・夫)。 ~か・~や ~か。
疑問詞+
他の語
何以~ なにヲもッテ[カ]~[スル] どうやって~か。
どうして~か。
何為(胡為・奚為)~ なんすレゾ~[スル] どうして~か。
幾何(幾許) いくばく[ゾ] どれくらいか。
何如(何若) いかん どのようであるか。
どうだ。
如何(奈何・若何) いかん どうしたらよいか。
如何+
目的語
如~何 ~ヲいかんセン ~をどうしたらよいか。
●反語形
疑問詞+
文末の助字
豈~乎 あニ~[セ]ンや どうして~か、いや~ない。
何~也 なんゾ~[セ]ンや どうして~か、いや~ない。
安~哉 いづクンゾ~[セ]ンや どうして~か、いや~ない。
独~乎 ひとリ~[セ]ンや どうして~か、いや~ない。
疑問詞のみ 豈~ あニ~[セ]ンヤ どうして~か、いや~ない。
何(胡・奚・曷)~ なんゾ~[セ]ン どうして~か、いや~ない。
安(悪・焉・寧)~ いづクンゾ~[セ]ン どうして~か、いや~ない。
何(奚)~ なにヲカ~[セ]ン なにを~か、いやなにも~ない。
誰(孰)~ たれ[カ]~[セ]ン だれが~か、いやだれも~ない。
幾― いく― どれくらいの―か、いやどれほどもない
安(何・悪・焉)~ いづクニカ~[セ]ン どこに~か、いや~ない。
助字のみ ~乎(邪・耶・哉・也・与・歟・夫)。 ~[セ]ンや ~か、いや~ない。
疑問詞+
他の語
何以~ なにヲもッテ~[セ]ン どうして~か、いや~ない。
何為(胡為・奚為)~ なんすレゾ~[セ]ン どうして~か、いや~ない。
幾何(幾許) いくばく[ゾ] どれくらいか、いやいくらもない。
如~何(奈~何・若~何) ヲいかんセン ~をどうすることができようか。
何不(盍)~ なんゾ~[セ]ざル どうして~しないのか、~したらよい。
敢不~[乎] あヘテ~[セ]ざラン[や] どうして~ないだろうか、きっと~する。
●詠嘆形
文頭に感動詞 嗚呼(于嗟・嗟乎・{口矣}・噫・嗟) ああ ああ、~だなあ。
文末の助字 ~哉。(矣・乎・夫・歟・与) ~かな・~か・~や ~だなあ。
疑問・反語を用いて
詠嘆を表す
何~也 なんゾ~や なんとまあ~なことよ。
不亦~乎 まタ~[カラ]ずや なんと~ではないか。
豈不~哉 あニ~[ナラ]ずや なんと~ではないか。
●受身形
見(被・為・所)~ ~る・[セ]らル ~される。
A於(于・乎)B BニA[セラ]ル BにAされる。
為A所B AノBスルところトなル AにBされる。

转自:http://aiko.nm.land.to/clo/kanbun.html
本博客所有文章如无特别注明均为原创。作者:Lance.Moe复制或转载请以超链接形式注明转自 Lance's Blog
原文地址《漢文の語法

相关推荐

发表评论

路人甲 表情
看不清楚?点图切换 Ctrl+Enter快速提交

网友评论(0)