漢文の語法 - 文語助動詞活用表

由于本页面不够宽,所以内容建议请拷贝到excel查看

語法

●ポイント

反語⇒「ん」(例外:盍「なんぞ~ざる」)

何上状(態)、何下手(段)

於是⇒ここニおイテ・そこで

是以⇒ここヲもっテ・だから

以是⇒これヲもっテ・これによって

詩は押韻

而シテ⇒しこうシテ・そして

肯定文の能⇒「よく」

与⇒くみス・あたフ・あづかル・ト

対句

何トナレバ⇒なぜならば

●語句

玄:暗い

穿:穴を開ける

口:言葉

雉:きじ

馭:制御する

通弊:悪いこと

匹夫:つまらない男

慮:考える

如:匹敵する

●英語で言い換え

孰=who/which

なんすれぞ=なんぞ=いづくんぞ=あに=why

●読みにくかった句形

以A為B⇒AをもってBとなす・AをBと思う

不亦~乎⇒また~ずや・なんと~ではないか

無A不B⇒AとしてBせざるは無し・どんなAでもBしないものはない

●注意すべき語法

置き字×順接や逆説の意を表す。
於(于・乎)×場所・対象・時間・目的・起点・比較・受身の意を表す。
焉・矣×断定や強調などの意を表す。
×文のリズムを整える。
再読文字いまダ~ずまだ~でない
且・将まさニ~[セント]す今にも~しようとする
~するつもりだ
まさニ~ベシ当然~すべきだ
まさニ~ベシきっと~だろう
よろシク~ベシ~するのがよい
~するのが適当である
すべかラク~ベシぜひ~する必要がある
由・猶なホ~ごとシちょうど~と同じだ
あたかも~のようだ
なんゾ~ざルどうして~しないのか、~したらよい

●否定形

単純否定不(弗)~[セ]ず~しない。
~でない。
非(匪)~ニあらズ~ではない。
無(莫・勿・毋・亡)~[スルコト]なシ~してはいけない。
不可~[ス]ベカラず~してはいけない。
~できない。
不能~[スルコト]あたハず~できない。
不得~[スル]ヲえず~できない。
二重否定無不~[セ]ざル[ハ]なシ~しないものはない。
無非~ニあらザル[ハ]なシ~でないものはない。
非不~なキニあらズ~がないわけではない。
無A不BAトシテB[セ]ざルハなシどんなAでもBしないものはない。
無A無BAトシテBなキハなシどんなAでもBのないものはない。
不敢不あヘテ~[セ]ずンバアラずどうしても~しないではいられない。
未嘗不いまダかツテ~[セ]ずンバアラずこれまでに~しなかったことはない。
不必不かならズシモ~[セ]ずンバアラず必ずしも~しないとは限らない。
不可不~[セ]ざルベカラず~しなければならない。
不得不~[セ]ざルヲえず~しないわけにはいかない。
不能不~[セ]ざルあたハず~せずにはいられない。
不為不~[セ]ずトなサず~しないとはいえない。
部分否定不常つねニハ~[セ]ずいつも~するとは限らない。
不倶ともニハ~[セ]ず両方ともには~しない。
不甚はだはダシクハ~[セ]ずそれほどには~しない。
不必かならズシモ~[セ]ず必ずしも~するとは限らない。
不復まタ~[セ]ず決して~しない。
二度とは~しない。
全部否定常不つねニ~[セ]ずいつも~しない。
倶不ともニ~[セ]ず両方とも~しない。
甚不はだはダシク~[セ]ずたいそう~しない。
必不かならズ~[セ]ず必ず~しない。
復不まタ~[セ]ず今度もまた~しない。
特殊な形不敢あヘテ~[セ]ず決して~しない。
敢不~[乎]あヘテ~[セ]ざラン[ヤ]どうして~ないだろうか、きっと~する。

●使役形

A使(令・教・遣)BCDAハBヲシテDヲC[セ]しムAはBにDをCさせる。
命ABAニめいジテB[セ]シムAに命令してBさせる。
召ABAヲめシテB[セ]シムAを呼び寄せてBさせる。
説ABAヲとキテB[セ]シムAを説得してBさせる。

●仮定形

如(若)~もシ~バもし~ならば
苟~いやしクモ~バもし~ならば
縦~たとヒ~トモたとえ~としても
雖~~トいへドモたとえ~としても
使(令)ABAヲシテBしメバもしAがBであるならば
今~いま~バ仮に~ならば
今もし~ならば
不A不BA[セ]ずンバ(ざレバ)B[セ]ずAしなければBしない。
無A不BAなクンバ(ざレバ)B[セ]ずAがなければBしない。
非A不BAニあらズンバ(あらザレバ)B[セ]ずAでなければBしない。
A則BAレバすなはちBAならばBである。

●限定形・累加形

限定形
[副詞]
唯(惟・但・只)~たダ~ノミただ~だけだ。
独~ひとり~ノミただ~だけだ。
限定形
[助字]
~巳。~のみ~だけだ。
限定形
[副詞+助字]
唯~巳。たダ~のみただ~だけだ。
累加形不唯~たダニ~ノミナラずただ~だけではない。
非独~ひとり~ノミニあらズただ~だけではない。
何独~なんゾひとり~ノミナランヤどうしてただ~だけだろうか、~だけではない。
豈徒~あニたダニ~ノミナランヤどうしてただ~だけだろうか、~だけではない。

●比較形

A~於(于・乎)BAハBヨリモ~AはBよりも~だ。
B不如(若)ABハAニしカズBはAに及ばない。
BよりAがよい。
莫如(若)AAニしクハなシAに及ぶものはない。
莫~於AAヨリ~[ナル]ハなシAより~なものはない。
莫~焉こレヨリ~[ナル]ハなシこれより~なものはない。

○比況形

如(若)~~ごとシ~のようだ
猶(由)~なホ~ごとシちょうど~と同じだ。
あたかも~のようだ。

●選択形

寧A、無BむしロA[スト]モ、B[スルコト]なカレいっそAしても、Bするな。
与其B、寧AそのB[セ]ンよリハ、むしロA[セヨ]Bするよりは、Aする方がよい。
与其B、不如AそのB[セ]ンよリハ、A[セ]ンニしカずBするよりは、Aする方がよい。
B孰-与(孰-若)ABハAニいづレゾBとAではどちらがよいか。

●抑揚形

AB。況C乎。AハB。いはンヤCヲや。AはBだ。ましてCはなおさら(B)だ。
A且B。況C乎。AスラかツB。いはンヤCヲや。AでさえもBだ。ましてCはなおさら(B)だ。
A且B。安C乎。AスラかツB。いづクンゾCセンや。AでさえもBだ。ましてどうしてCしようか。いやしない。
A猶(尚)B。況C乎。AスラなホB。いはンヤCヲや。AでさえもBだ。ましてCはなおさら(B)だ。
A且猶B。況C乎。AスラかつなホB。いはンヤCヲや。AでさえもBだ。ましてCはなおさら(B)だ。
以A且B。~AヲもッテスラかつB。~AでさえもBだ。~
※「況」以下が言外に隠れた形。

●疑問形

疑問詞+
文末の助字
何(胡・奚・曷)~也(乎・哉)なんゾ~やどうして~か。
疑問詞のみ何(奚)~なにヲ[カ]~[スル]なにを~か。
誰(孰)~たれカ~[スル]だれが~か。~するのはだれか。
何(胡・奚・曷)~なんゾ~[スル]どうして~か。
安(悪・焉・寧)~いづクンゾ~[スル]どうして~か。
安(何・悪・焉)~いづクニ[カ]~[スル]どこに~か。
孰(奚)~いづレカ~[スル]どちらが~か。
何―~なんノ―カ~[スル]どんな―が~か。
何―~いづレノ―カ~[スル]どの―が~か。
文末に不・未~不(否)~ヤいなヤ~か、どうか。
~未~ヤいまダシヤ~であるか、まだだろうか。
助字のみ~乎(邪・耶・哉・也・与・歟・夫)。~か・~や~か。
疑問詞+
他の語
何以~なにヲもッテ[カ]~[スル]どうやって~か。
どうして~か。
何為(胡為・奚為)~なんすレゾ~[スル]どうして~か。
幾何(幾許)いくばく[ゾ]どれくらいか。
何如(何若)いかんどのようであるか。
どうだ。
如何(奈何・若何)いかんどうしたらよいか。
如何+
目的語
如~何~ヲいかんセン~をどうしたらよいか。

●反語形

疑問詞+
文末の助字
豈~乎あニ~[セ]ンやどうして~か、いや~ない。
何~也なんゾ~[セ]ンやどうして~か、いや~ない。
安~哉いづクンゾ~[セ]ンやどうして~か、いや~ない。
独~乎ひとリ~[セ]ンやどうして~か、いや~ない。
疑問詞のみ豈~あニ~[セ]ンヤどうして~か、いや~ない。
何(胡・奚・曷)~なんゾ~[セ]ンどうして~か、いや~ない。
安(悪・焉・寧)~いづクンゾ~[セ]ンどうして~か、いや~ない。
何(奚)~なにヲカ~[セ]ンなにを~か、いやなにも~ない。
誰(孰)~たれ[カ]~[セ]ンだれが~か、いやだれも~ない。
幾―いく―どれくらいの―か、いやどれほどもない
安(何・悪・焉)~いづクニカ~[セ]ンどこに~か、いや~ない。
助字のみ~乎(邪・耶・哉・也・与・歟・夫)。~[セ]ンや~か、いや~ない。
疑問詞+
他の語
何以~なにヲもッテ~[セ]ンどうして~か、いや~ない。
何為(胡為・奚為)~なんすレゾ~[セ]ンどうして~か、いや~ない。
幾何(幾許)いくばく[ゾ]どれくらいか、いやいくらもない。
如~何(奈~何・若~何)ヲいかんセン~をどうすることができようか。
何不(盍)~なんゾ~[セ]ざルどうして~しないのか、~したらよい。
敢不~[乎]あヘテ~[セ]ざラン[や]どうして~ないだろうか、きっと~する。

●詠嘆形

文頭に感動詞嗚呼(于嗟・嗟乎・{口矣}・噫・嗟)ああああ、~だなあ。
文末の助字~哉。(矣・乎・夫・歟・与)~かな・~か・~や~だなあ。
疑問・反語を用いて
詠嘆を表す
何~也なんゾ~やなんとまあ~なことよ。
不亦~乎まタ~[カラ]ずやなんと~ではないか。
豈不~哉あニ~[ナラ]ずやなんと~ではないか。

●受身形

見(被・為・所)~~る・[セ]らル~される。
A於(于・乎)BBニA[セラ]ルBにAされる。
為A所BAノBスルところトなルAにBされる。

文語助動詞活用表

助動詞文法的意味(口語訳)未然連用終止連体已然命令接続ポイント
過去過去(…タ)(せ)しか連用■カ変、サ変には"こし""こしか""きし""きしか""しき""せし""せしか"
■直接経験したことを回想
けり過去(…タ/…タソウダ)
詠嘆(…ダナア/…タコトヨ)
(けら)けりけるけれ■伝え聞いたことを回想
■和歌や会話文中は詠嘆が多い
完了完了(…タ/…テシマウ/…テシマッタ)
強意(キット…/タシカニ…/必ズ…)
並列(…タリ…タリ)
つるつれてよ連用■強意は"つべ""ぬべし""てむ""なむ"の形が多い
■"にけり""てけり"は完了+過去
ぬるぬれ
たり完了(…タ/…テシマウ/…テシマッタ)
存続(…テイル/…テアル)
たらたりたりたるたれたれ■断定の"たり"とは接続が違う
未然-サ
命令-四
★さみしいり
推量
<ん>
推量(…ウ/…ダロウ)
意志(…ヨウ/…タイ/…ツモリダ)
勧誘/適当(…ナサイ/…ノガヨイ)
仮定/婉曲(…トシタラ/…ヨウナ)

<ん>

<ん>
未然■主語が一人称:意志、二人称:勧誘/適当、三人称:推量を表すことが多い
■"むず"は"むとす"が変化したもの
★スイカ買え
むず
<んず>
むず
<んず>
むずる
<んずる>
むずれ
<んずれ>
らむ
<らん>
現在推量(…テイルダロウ/今ゴロハ…ダロウ)
現在の原因/理由の推量(ドウシテ…ノダロウ)
現在の伝聞/婉曲(…トカイウ/…ヨウナ)
らむ
<らん>
らむ
<らん>
らめ終止
連体-ラ
■目の前に見えない現在を推量
■伝聞/婉曲の"らむ"は連体形で用いる
けむ
<けん>
過去推量(…タダロウ/…タノダロウ)
過去の原因/理由の推量(ドウシテ…タノダロウ)
過去の伝聞/婉曲(…タトカイウ/…タヨウナ)
けむ
<け>
けむ
<けん>
けめ連用■既に終わっている過去を推量
■伝聞/婉曲の"けむ"は連体形で用いる
べし推量(キット…ダロウ)
意志(…ウ/…ヨウ)
適当/勧誘(…ノガヨイ/…スルガヨイ)
当然/義務(…ハズダ/…ベキダ)
命令(…セヨ/…ナサイ)
可能(…コトガデキル)
(べく)
べから
べく
べかり
べし

べき
べかる
べけれ

終止
連体-ラ
■"つべし""ぬべし"は強意表現
■"べし"の打消→"まじ"

★スイカ止めて
らし推定(…ラシイ/…ニチガイナイ)らしらしらし■確かな根拠に基づく推量
めり推量(…ノヨウダ/…トミエル)
婉曲(…ヨウダ)
めりめりめるめれ■目の前の事実を断定せずに遠回しに表現
まし反実仮想(モシ…トシタラ…ダロウニ)
ためらいの意志/希望(…ヨウカシラ)
推量(…ウ/…ダロウ)
ましか
ませ
ましましましか未然■反実仮想の場合は"ませば…まし""ましかば…まし""せば…まし"の形が多い
打消打消(…ナイ)(ず)
ざら

ざり



ざる

ざれ

ざれ
未然■完了の"ぬ""ね"とは接続が違う
打消推量打消推量(…ナイダロウ/…マイ)
打消意志(…ナイツモリダ/…タクナイ)
未然■"む"の打消→"じ"
まじ打消推量(…ナイニチガイナイ/…ナイダロウ)
打消意志(…ナイツモリダ/…タクナイ)
不適当(…ハヨクナイ/…ナイノガヨイ)
打消当然(…ハズガナイ/…スベキデナイ)
禁止(…スルナ/…イケナイ)
不可能(…デキナイダロウ/…デキソウニナイ)
(まじく)
まじから
まじく
まじかり
まじ

まじき
まじかる
まじけれ

終止
連体-ラ
■"べし"の打消→"まじ"

★スイカ止めて
伝推なり伝聞(…トイウ/…ダソウダ/…ト聞イテイル)
推定(…ラシイ/…ヨウダ)
なりなりなるなれ終止
連体-ラ
■断定の"なり"との違いに注意
断定なり断定(…デアル/…ダ)
存在(…ニアル/…ニイル)
ならなり
なりなるなれなれ連体
体言
助詞
■完了の"に"とは接続が違う
■"にあり""に侍り""にかあらむ""にやあらむ""にて""にして"の"に"は断定の場合が多い
たり断定(…デアル/…ダ)たらたり

たりたるたれたれ体言■完了の"たり"とは接続が違う
■漢文訓読語に多い
自可受尊自発(自然ト…サレル/…ラレル)
可能(…コトガデキル)
受身(…サレル/…ラレル)
尊敬(オ…ニナル/…ナサル)
るるるれれよ未然-
四ナラ
■自発/可能には命令形がない
■完了の"る""れ"との違いに注意
■"れ給ふ""られ給ふ"の"れ""られ"は尊敬ではない
らるられられらるらるるらるれられよ未然-
上以外
使役
・尊敬
使役(…セル/…サセル)
尊敬(オ…ニナル/…ナサル)
するすれせよ未然-
四ナラ
■単独で用いられる場合は使役を表す
■"せ給ふ""させ給ふ""しめ給ふ"の
"せ"させ""しめ"は尊敬を表すことが多い
さすさせさせさすさするさすれさせよ未然-
上以外
しむしめしめしむしむるしむれしめよ未然
希望まほし希望(願望)(…タイ/…テホシイ)(まほしく)
まほし    
  から
まほしく
まほし   
  かり
まほし


まほしき
まほし   
  かる
まほし   
  けれ

未然■"あらまほし"は、"あら/まほし"(ありたい/あってほしい)と二語である場合と、
"あらまほし"(理想的だ/好ましい)で一語である場合がある
たし(たく)
たから
たく
たかり
たし

たき
たかる
たけれ

連用
比況ごとし比況(<マルデ>…ノヨウダ/…ト同ジダ)
例示(<タトエバ>…ノヨウダ)
(ごとく)ごとくごとしごとき連体
体言
助詞がの
■"ごとくにあり"から変化した"ごとくなり"を助動詞として扱う場合がある

转自:

http://aiko.nm.land.to/clo/kanbun.html

http://aiko.nm.land.to/clo/jodousi.html

0 Comments (1909 Views)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *