哲学中的真理的分类

真理とは何か、についての研究を真理論という。以下に代表的な説を挙げる。

真理主要分为対応説(符应论、符合论)、整合説(融贯论)、実用説(实用主义理论)、合意説(共识论)。


真理の対応説:「思惟」と「事物」が一致ないし対応していることが真理であるとする。

真理的对应说(符合论):认为“思维”与“事物”相一致和对应是真理。

真理の整合説:他の命題と整合的な認識が真理であるとする。公理的で演繹的な真理観。

真理的整合学说(融贯论):认为与其他命题整合的认识是真理。公理演绎的真理观。

真理の合意説:合意された認識を真理であるとする。

真理的共识说:以达成共识为真理。

真理の実用説(有用説):生にとって有効・実用的な認識を真理であるとする。

真理的实用说(实用主义理论):把对生有效的、实用的认识当作真理。

真理の明証説:意識に対して明証的に現れるものを真理とみる。

真理的明证说:把意识中明证出现的东西看作是真理。

真理の定義不可能説:命題Pは命題「命題Pは真である」と同値であるから、真理の概念は定義不可能であるという立場。

真理的定义不可能说:命题P与命题“命题P是真”是等价的,所以真理的概念是不可定义的。

真理の余剰説:命題Pは命題「命題Pは真である」と同値であるから、真理の概念は無用な余剰であるとする。

真理的剩余说:命题P等于命题,命题P等于真,所以真理的概念是无用的剩余。

規約主義:真理はその言語体系における規約に依存するという立場。

规约主义:真理是依赖于其语言体系中的规章的立场。

0 Comments (373 Views)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *