哲学中的演绎法和归纳法

演繹法は、一般的な原理原則から個別的事象を推論する方法であり、

帰納法は、個別的事象から仮説を立て、一般的原理原則を導く方法です。

演繹法の典型例が三段論法です。

①(大前提)人間は死ぬ。

②(小前提)Aは人間である。

③(結論)Aは死ぬ。

帰納法では、

①(個別事象)人間A・B・Cが死んだ。

②(仮説)人間は死ぬ。

③(原理原則)人間Dも死んだことを確かめて「人間は必ず死ぬ存在である。」という原理原則を導く。

一方だけでは大きな誤りを犯すことがあります。演繹法(三段論法)において、

①チョキよりグーの方が強い。

②グーよりパーの方が強い。

③チョキよりパーの法が強い。

ジャンケンの例ですから、誰にでも結論③が誤りであることは分かりますが、複雑な問題については、誤りに気付かない可能性があります。

帰納法と演繹法とを併用するのが判断の正確性を高めることになります。

中文翻译

演绎法是根据一般原理原则来推论个别现象的方法。

归纳法是从个别事件中建立假设,并引导一般原理原则的方法。

演绎法的典型例子是三段论法。

①(大前提)是人都会死。

②(小前提)A是人类。

③(结论)A会死。

在归纳法中,

①(个别现象)人A·B·C死了。

②(假设)是人都会死。

③(原理原则)确认人D也死了,“是人都会死”引导这个原理原则。

单单有一方会犯大错误。在演绎法(三段论法)中,

①石头比剪刀强。

②布比石头强。

③布比剪刀强。

这是猜拳的例子,显而易见结论3是错误的,但是对于复杂的问题,可能不会一下就发现问题所在。

归纳法和演绎法并用可以提高判断的准确性。

0 Comments (329 Views)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *